ら すとらあだ

自分のストレス解消ブログがお店用のブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そうだ奈良、行こう。

12月中旬、福井にもう一度だけいくことになりお尻を痛めながらの
深夜バスは眠れるはずもなく夢と現実の狭間で彷徨っていたが
なぜか新潟方面で眼がパッチリ。
 
一番前の席だったので外の風景がはっきりとみえる。
外をみるとガンガン雪が降っているではないか…
高速道路には雪が積っておりバスの動きも雪ならではの振動でどうやら眼が覚めたようだ。
 
福井駅に着いてからは、待ち合わせの場所がなんとも不便なところにあり
バスを待ってられないダイヤルだったので往復2時間かけて歩いた。
その途中で見つけた歩道のアスファルトの上にポツンと置かれていた
苔ちゃんを拾い同行させることにしました。(土が無いのによく生えていたもんだ)
koke_convert_20100108175524.jpg

今もベランダでぽっつん。
 

お昼には福井の用事も終わり、すぐさま奈良県にある久保本家酒造さんに向かった。
電車でユラユラ、バスでユラユラ~ 
お尻の痛みと睡魔と闘いながらもついに大宇陀に着いた。

kubo_convert_20100108133850.jpg
 
辺りは憧れの古民家が連なっておりその大通りに
今回お世話になる久保本家酒造さんが建っていた。
 
売り場のほうに入ると奥から加藤杜氏が笑顔で迎えてくれました。
 
本来ならば蔵は大忙しの真っ只中なのですが
加藤杜氏が福井の帰りに寄ってってはいかがですかと声をかけてくださいました。
今回だけは遠慮せずにそのお言葉に甘えさせてもらうことに。
kubo2_convert_20100108133920.jpg
 
それにしてもりっぱな蔵…。
この部屋もみかたによっては教会の中にもみえそう。

加藤杜氏は仕事にもどられ私は温泉で体についたアカを落とすことに。
温泉からもどりしばらくすると杜氏や蔵人にまじり夕飯をいただくことになった。
加藤杜氏・専務さん・蔵人のみなさんそしてしばらくたってから蔵に戻られた
小森谷さんとの食事会がはじまった!
 
もちろん晩酌には『どぶ』!!

これでもか!これでもよ!と、どんどん注いでいただきグビグビと飲んでしまった。
その日に小森谷さんが掘ってこられた塩をつけただけのホクホクに蒸した蓮根や
村さんのボラの燻製など贅沢な肴をいただきながら大好きなどぶを
造られている蔵の皆さんといっしょに飲めることの喜びといったらありませんでした。
 
専務(社長)さんと加藤杜氏のやりとりも笑ってしまうほど面白かった。
福井から帰ってきてからこんなに笑ったのも久しぶりだ。
加藤杜氏の愉快なプライベートトークは解散するまで続きましたが 
 
杜氏から福井のことは全てここに置いてって東京に帰ってもらいたいという
真心はしっかりと受け止めました。
 
やってみせますよ加藤杜氏
東京で再びゾンビのように甦ってみます!!
 
今日もみんな頑張っているんでしょうね。
東京から応援しつづけております!!!
kubo3_convert_20100108144826.jpg

中央で頭をつかんでいるのが加藤杜氏・一番奥が専務さん
kubo4_convert_20100108144900.jpg
がっつり飲んだ次の日の朝4時にはみんな元気?に起きて造りじゃー
私は途中睡魔に負けたわけですが…


何か一つのことを極めようとしている姿は実に美しい。

日本にはまだまだ誇ることのできる文化と
感動を与える人たちが沢山いるんだぞと感じれることが私の原動力となるのです。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/08(金) 18:24:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<そうだ大阪も、行こう。 | ホーム | 手造り蕎麦 『打墨庵 加瀬』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sobameister.blog96.fc2.com/tb.php/6-afdc352c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。