ら すとらあだ

自分のストレス解消ブログがお店用のブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テーブル・カウンターについて

3月に2度ほど泊りがけの小旅行という名のいきあたりばったりをしてきました。

その最初の小旅行のときのことです。 

深夜バスに乗り、大阪に着いたら直ぐに向かった先が材木屋さんでしてブビンガのカウンターとテーブルを
作成してもらうつもりで、材木を確かめたうえで見積もりも出してもらい、なんて順調なスタートだと思ったのだ



大好きな木工職人さんの工房が長野県の木曽福島にあるんだったなぁということがずっと脳裏にあり
せっかくだから工房を見てみたいという欲望が湧いておりました。

(今回の旅は大阪から長野の旅行だったのです)

共通のお友達から電話番号を教えてもらい、断られることを承知で訪問が可能か尋ねてみたところ
OKの返事がでたので急きょ予定を修正。

職人さんのお名前は『般若芳行』氏。

僕の通う文化の寺小屋である≪天真庵≫さんで一度お会いしたことはあるのだが

お会いする前から天真庵さんのカウンターに置かれている般若さんの椅子が全てを物語っていた。

御世辞ではなくその椅子の形であったり、性能は天下一品。

何時間でもお尻がいたくなることなく座ることができ驚異的な耐久性が備わっているのです。

その般若さんの工房をみれるというのは僕にとっては至福のできごとなのです。


jorno5_convert_20120423174503.jpg


う~ん ほれぼれ~


jorno6_convert_20120423174534.jpg



この場所から般若さんにしか作れない作品が生まれるんですなぁ。


jorno7_convert_20120423181139.jpg


敷地内には、あれよこれよと眺めてしまうばかりの材木の列。



jorno8_convert_20120423181234.jpg


さて、話は工房見学から数週間前にさかのぼります。

この作品は、食器探しで訪れた町田の『百福』さんに置かれていた一人用テーブル。

器を見に来たはずなのに、何故だかこのテーブルが呼んでいるきがした。

それもそのはず般若さんの作品だった。

後日、お店用ではなく自分の晩酌用に購入しました。

あきることのないフォルム。

僕的にはこのような表現はあまりしないのだが、あ~うっとり。


jorno9_convert_20120423181318.jpg


この時のエピソードも般若さんに伝え、小旅行の経緯を話してみると、もしかしたらと

思えるような会話になったので、天真庵さんや百福さんからは般若作品は約一年待ちと聞いていたのだが

駄目もとで作品を作っていただける可能性があるのか恐る恐る聞いてみると

今の時期はタイミング良く作る時間がとれるとのことだった。

恥ずかしながらこの金額しかだせそうにないのですがと続けて聞いてみると快く引き受けていただけました。

般若さん、天真庵さん、共通のお友達、みなさまに感謝!


そして先週、般若さんが納品にこられました。

材木は、10年前に購入された丸太の最後の一枚となった北海道産の胡桃。

現在の市場で板を購入するとなったらまず僕には手が出せなかっただろうが、般若さんの御厚意があればこそ。

ちなみに上のカウンターの写真ですが、こちらは裏面。


jorno10_convert_20120423181346.jpg


ギャベからは色の強さがでているのでテーブルとカウンターはその分だけ控え目にと思い、
色・形ともにイメージを伝え、あとは般若さんに全てお任せしました。


般若さんの作品でここまでライトな色の作品を見たことがなく、う~ん、ほれぼれ~


テーブルは2個なのですが、木目が繋がっているのでくっつけても見栄えが良い。


ありがたや~ ありがたや~


般若さん、本当に感謝感謝です。



今回の店作りは、なるべく現状のまま使えるものはそのまんまのつもりでしたので

基礎工事的なこと以外は大がかりなことは考えてもいませんでしたが

自分が飲む側だったらという意識だけは常にあったので

般若さんのカウンターとテーブルそしてギャベはどうしても外すことができませんでした。

かといって僕の料理はあくまでも家庭料理なので、そのへんのバランスをこれから整えねば。


なにせ全然メニューが決まっておりませんし、試食しておりません。

やばい。

お店の雑務に追われ過ぎて料理作っていません。



あー 


やばい。


なので、開店日はあえて伝えずにオープンしたほうがよいかもめ。

スポンサーサイト
  1. 2012/04/24(火) 00:13:44|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<小旅行 ①の① | ホーム | お店の絨毯であるギャベについて>>

コメント

なんだか個性的なお店になりそうですね。開店したら伺います。ちなみに蕎麦屋さんですよね、カレー屋さんではなく。
  1. 2012/04/24(火) 19:21:07 |
  2. URL |
  3. 土曜日のS #-
  4. [ 編集 ]

土曜日のS様

どうも御無沙汰しております!

そうですね。

どんなお店になっちゃんですかねぇ~

カレーはまだチャレンジ段階なので、一応、蕎麦もあります風な飲食店というべきでしょうか。


  1. 2012/04/25(水) 14:01:03 |
  2. URL |
  3. ヒビヤン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sobameister.blog96.fc2.com/tb.php/314-7757b074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。