ら すとらあだ

自分のストレス解消ブログがお店用のブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そうだ蕎麦屋へ行こう その参

sibamata2.jpg

日曜日は案山子でなにかとお世話になった方と
私の地元でお会いすることになっていたので
お昼に私の好きな蕎麦屋さんをご紹介することに。

自転車で移動することにして、柴又の『日曜庵』さんに向かう。
開店と同時にほぼ満席。
早めにきて正解だった。

久しぶりに鴨せいろをいただくことに。
三位一体の鴨セット。
まるで器の中で鴨君たちが踊っているかのようだった。
あ~ 美味い。

余談ではあるが、日曜庵さんへ某人気番組がアポなしでやってきて撮影となったとき
偶然ご主人にお会いする予定で、流れで撮影を厨房から覗いていた私。

放送されて一ヶ月後に伺うと予想通り満席で蕎麦を食べてすぐ帰ろうとしたわけですが
気がつけば蕎麦が売り切れるまで私も皿洗いやら蕎麦打ちなどで奮闘していた。
奥様から「とんだ災難で」と言われたがとんでもない
逆に好きなお店でお手伝いができて嬉しかったのである。
テレビさまさまであった。

それからもお忙しい日々を過ごされていたようですが
放送から数ヵ月の月日が経ち、今回伺った日曜日も開店と同時に満席となり
相席のお客さんに「あなたたちもテレビ見てきたの?」と私たちに尋ねられるほどであった。

ということもあってか気がつけば外では10人ほど並んでいた。
もともとお忙しいお店ではあるだけになんとも凄いことに。
なので御挨拶もしないでササっとお店を出る。


江戸川の土手を左側(東京)から右側(千葉)へと橋を渡り、のどかな土手を
自転車で走っていると矢切りの渡しがみえた。

かなりの乗客人数である。
沈みそうな気もしたためかその重々しい船を見てカチカチ山を思いだしてしまった。

どうせ自転車での移動なのだから
江戸川をまたいでの蕎麦巡りもいいもんだと思い、市川の『SOBA ISBA いさと』さん
にあらかじめ電話していたのだが予約の時間よりも30分早くお店に到着。

いさとさんでは、ざるコースと日本酒を注文。

時折、ご主人とお話をさせてもらいつつ美味しい料理と日本酒を飲み
まったりしてしまった。ほろ酔いになったところで、いさとさんの二八蕎麦に酔いしれて
なんとも晴れ晴れとした思いである。

この日は、蕎麦という食文化を通じて帝釈天や矢切り渡し、里見公園
などから香る風土であったり江戸時代以前・以降の美意識がこうして今日まで
共存していたことに対しあまり意識せずにいたことに気づく。

sibamata1.jpg

あぁ~ 地元という言葉を頻繁に使っていたが軽い言葉に思えてしまった。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/01(土) 04:27:20|
  2. 食ベテ飲ンデ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金町のネコ | ホーム | 葛飾区東水元のネコ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sobameister.blog96.fc2.com/tb.php/18-b6ea6d09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。