ら すとらあだ

自分のストレス解消ブログがお店用のブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蕎麦がはこんでくるご縁

今週の火曜日・水曜日は一人運営でした。

どちらも開店と同時でほぼ満席で気合いれての開始でしたが、閉店までの流れをほぼイメージした通りに

運ぶことができたと思うので、達成感と充実感のある2日間でした。



水曜日は、京都から和食の料理人さんご夫妻がご来店。


3日間もずっとお蕎麦巡りされてきたそうで、どちらへ食べに行かれたのか

伺ってみると、僕がお世話になったお店の屋号がたくさんでたので少々驚いた。

その料理人さんのお知り合いの方が、市川のいさとさんが一番好きとのことで

話のながれで、それでしたらということで、その場でいさとさんに電話して予約をいれちゃいました

(最終日は違うジャンルの食事を考えておられていただろうにおせっかいしちゃいました)


いろいろとお話ができ、お互いに京都でご縁があったお店のことや

物件探しなどのお話をさせていただいたりと話題はつきませんでしたが

またお会いする時は、ぜひお酒を飲みかわしましょうと約束をして帰られました。


素晴らしいご縁に感謝。



火曜日・水曜日ともに栃木と福井の蕎麦粉で二種類の蕎麦打ちで、だいたい同じ条件で打ったのですが

これが完成すると全くとは言わないが、かなり違うタイプのお蕎麦になる。

(栃木でいうと月曜日はしっかりめでちょっと切れやすかったのに、火曜日はモチモチできれない)


無論、まだまだ技術が未熟であるのですが、水回しと茹でかなり違ったタイプの蕎麦になるはず。



お客様側からすると毎日同じ蕎麦じゃなきゃだめじゃん!と言われるかもしれないですが

あらゆる計算をしたうえでの平均した味、太さの蕎麦も打とうと思えばたぶん打てます。

でも、僕は、その日のひとつひとつの量や速さ方法の違いから生まれる麺が今日はどんな形になったんだろう? 

と、変化の感じられる蕎麦がみれることが一番楽しいと思える要素なのです。


さて、今日は、太打ちと細打ちの粗引きでためしてみよう

らっしゃい!


スポンサーサイト
  1. 2011/04/21(木) 10:53:48|
  2. 遊んで学んで~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<数字でかたずけてはならないこともある。 | ホーム | 夕やけだんだんできもちよく寝ているネコ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sobameister.blog96.fc2.com/tb.php/143-564c7a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。