ら すとらあだ

自分のストレス解消ブログがお店用のブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心で泣いて顔は笑うだぜよ

ある映画監督が自然を癒しの対象にしている人が増えていることに警鐘を鳴らしていたことを思い出す。
自然は人間の思い通りにならない膨大なエネルギーをまとって襲いかかってくる。



3・11 

綾瀬駅で電車が丁度停止している時に1回目の地震となった。
駅の構造からしてこのまま倒れる可能性もあると覚悟した。

何故みな電車の中で待てるのかが理解できなかった。

でも、大声で逃げろと言えないで冷静に様子をうかがう自分もいた。


2回目の大きな地震もあったそうですが、歩いていたときだったのだろうか。

亀有の恩師が無事だったこと確認して金町から自転車に乗って神田に向かいました。

行きは、国道4号線、帰りは国道6号線。


気がつけばいつの間にか左右の歩道を歩く人達の髪の毛が、巨大な黒い蛇が動いているかのように永遠と続いていた。

その様子で電車が完全ストップしていて歩いて帰る人であふれているんだと思った。

あんな光景は生まれて初めてみた。


眠庵では、たまたまお店にもどられていた柳澤さんとお母様に数名の方たちと待機していた。

建物の外、中ともにまったく被害がなかったようだ。

僕は次に、両親が働いている大手町の地下鉄に行ってみたが、テープがはられていて中に立ち入り禁止になっていた。

係員に説明し、ホームに降りるがまわりは誰ひとりとしていない。

両親はバスでうまく帰れたのかなと思い、秋葉原の隠れ家に顔をだしてから帰宅した。


帰宅したのは、22時頃。

留守電に両親からのメッセージがはいっていた。

どうやら会社からの命令で、洪水が起きる可能性があるということで全員、竹橋の朝日ビルに待機させられたようだ。

その後、北千住まで電車でもどり、小学校で泊まろうとするも寒さで転々と移動して次の日、仕事に戻ったそうだ。

携帯がほぼ使えない状況の中、メールやネットが使えたおかげで身近な人達の安否が確認できた。

これが回線も全部駄目になるような状況だと東京にいる人たちはよりパニックに陥るのだろう。


明け方までテレビをみていた。

こんなことが日本で起きているの?


そうつぶやいていた。




土曜日



僕がお店を任されている以上、判断はこちらでさせてもらいました。

本当は当面の間休業したいが、自分の店でないこの状況に複雑な思いだ。

ひとまず、常連様がいらっしゃることだけはわかっていたので

それいがいの御客様は全てお断りするつもりでいた。

お店で万が一事故、もしくはそれ以上のことがあってはならないと思い

蕎麦釜とガスは使わないようにおもち帰りの蕎麦を用意して、おつまみと日本酒を常連様と僕をいれた7名でいただいた。

僕がお店にいるだろうからということで差し入れをもってきてくださったS親子様はじめ皆様と話をして僕も心が少し落ち着くことができました。

ありがとうございます。



お店を15時頃には閉め、本来、土曜日に御予約いただいていた方の無事な姿を確認して帰宅した。


両親もようやく帰宅でき、妹も僕も一安心した。


被災地のことを考えれば僕らの疲労などありがたみを感じなければならない。


兎に角、まだ私たちは試練がまちうけていることだけは確かだ。


そのためには、僕らが少しでも笑い、話し合い、手をとりあって、立ち上がらなければいけない。


日本人は立ち上がる力をどの国よりも持ち合わせている民族だと思う。


まずは我々から発信していかねば。 だっ!

スポンサーサイト
  1. 2011/03/15(火) 10:49:55|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神秘の誕生なネコ | ホーム | おひかえなすっていなネコ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sobameister.blog96.fc2.com/tb.php/124-ca5c12e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。