ら すとらあだ

自分のストレス解消ブログがお店用のブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週の金曜日の昼営業はお休みです

蕎麦の選別や、料理の仕込みが重なったため申し訳ございませんが

金曜日のお昼はお休みとさせていただきます。


誠に申し訳ございません。



昨日は、午前・午後ともに私がお会いしたかったお客様が御来店してくださり

皆様お変わりなくお元気でこっちまで疲れが吹き飛んでしまうほど楽しい営業となりました。

本当に感謝です。


そして、まだ看板と営業の札が無い当店に御来店していただいた勇気のあるお客様が扉をあけられました。

が、お蕎麦がなくなったためお断りすることに・・・。




ががーーん


懲りずにまた来ていただけますように。


スポンサーサイト
  1. 2012/05/31(木) 11:12:16|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

のんびり営業

巣鴨の名店≪菊谷≫さんや、≪あめこや≫さんで働かれていた小川さんと御友達さん

が遊びにきてくれました。


これまでの菊谷さんの経験談、これから新店舗をと新天地をもとめている小川さんの店作りと

話題がつきることはなく楽しい営業となりました。


そんな中、小学校の帰り道にある当店では、何屋だかもわからないので

自動扉前に小学生達が列をつくりのぞくのぞく。

お客様がいらっしゃろうが、なんだろうが、のぞく。


その好奇心旺盛さと、大胆さに、おっさんのわたしゃぁ驚くばかり。

子供達に負けてはなるまいということで名刺を渡してしまったおっさん。

私たちの小学生時代でもあのような集団力ってあったんだろうか。


地元率ほぼ0に近い当店。

なので予約がなかった夜だったので16時頃まで皆さんでノンビリ話をしていたら

夕方の予約が入り、あわてて追い打ち。


夕方に御来店していただいたお客様は眠庵さんでお会いしたことのあるお客様で

眠庵さんのHPに当店のコメントが書かれたのを発見されてこられたようでしてまっこと皆様に感謝。


これまであえて看板もメニューもだしておりませんでした(あくまでもあえてですが)

理由の一つには私の大好きな千住大橋の寿司屋さんのスタイルが好きなことも影響していると思います。

お客様の好みを伺い、このようなお酒もございますといった御主人とのやりとりが心地よかったのです。

なので、当店もあえてメニューはださずに本日はこのような品物をご用意しておりますといった会話を

とおもっているのですが。


ちなみに当店でのメニュー構成は

小鉢の料理が350円 

出汁巻き玉子が600円

日本酒どの銘柄も700円でハーフ350円


蕎麦は今のところ150g 850円と2種類御用意してある場合は200g 1200円

などと単純な価格でお出ししております。


天邪鬼なのでいつの間にか看板もメニューもある可能性もございますので宜しくお願い致します。


  1. 2012/05/30(水) 00:00:09|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週の水曜日のお昼は営業となりました!

今週の水曜日のお昼は御予約いただいたので
臨時休業を変更し営業とさせていただきます。
どこかのお昼に一度お休みいただくのでその際にはブログにて告知致します。



連日お世話になっている方々が御来店。

ありがたや~ しみじみ。


先日、当店を心配してくださる御婦人がお友達に紹介してくださったらしいのだが

当店をみつけられず蕎麦屋がどこにあるのかと御婦人に連絡があったらしく

看板は作らないのか心配しに訪ねてくださいました。


結論からいいますと、入口の灯りが無いのでそこにつける予定です。


御心配いただきありがとうございました。


未だに地元の方で勇気を持って当店に入ったお客様はまだいません。


今日はどうなるか楽しみです。


まぁ、私が逆の立場でも何屋さんだかわからないし、入りずらいと思いますが。




当分は、二八のみと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

  1. 2012/05/29(火) 07:39:32|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

水曜日のお昼はお休みとさせていただきます

開店したばかりで申し訳ありませんが
今週の水曜日のお昼はお休みとさせていただきます。
 

日曜日は、定休日と設定したので

実家の近くにある丁寧な仕事される珈琲豆を販売されるお店に買い物。

水元公園近くにあるカフェ屋さんにて美味しいアイスコーヒーとアフォガードをいただいたり

九州野菜直売所で卵や野菜を買ったり、スカイツリー方面に手DM作りをうかがったり

お店用や生活用品を新宿で買ったりなどなど、雑務と買い物でほぼ終わり。


家から店用の荷物を背負って半日歩いたのと、流石に数ヵ月間身体を鈍らせていたのでたった

3日間の営業だけだというのに体が全身重いです。

これを乗り越えればなかなかのタフなヤツになるのだろうが今はちょっぴり抜け殻状態。



今週からもう少しお店の流れを安定させて、蕎麦のメニューを一品増やせるように実験実験。


汁はほぼ理想的。 

あとは何をどうするか。



  1. 2012/05/28(月) 01:10:55|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うわっ

蕎麦きりさいとう様・銀杏様・向井酒造様 ありがとうございまっす!!!!



本日は夜営業なしでしゅうりょう。

お久しぶりにお会いできた方々がお客様としていらっしゃってくださるのは

本当に嬉しいです。


あー 嬉しいやら楽しいやらうかれすぎるやら。


より満足していただけるようなレベルに早くもっていきたい。


でも、マイペースは相変わらず。


ゆっくりゆっくり。



本日は御来店ありがとうございました。


  1. 2012/05/26(土) 18:39:56|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お店初日

開店初日に寝坊。

お昼は店舗を応援して下さる地元の御客様が御来店。

夜は眠庵さんのころから応援してくださる3名様が御来店。

またまた、京都のM様。 土曜のSさんのS母様。 蕪村居様。 リカーズのだや様。 S様。 池袋カブト様。

タッチャん。 皆様ありがとうございまっす!


なんとなく竹鶴の御縁があったこともあり、僕から開店に来ていただいた夜の3名様には

家の押し入れで寝かせていた竹鶴の10年もの、満天星の14年ものを常温と燗をプレゼント。



本日は、営業終わり次第お店の看板の構想を考えヨット。

皆様入口がわからないのと、夜、外の電気がないので灯りをつけなくてはと強く思いました。


  1. 2012/05/26(土) 08:41:58|
  2. 感謝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮オープンおわた

今日はお昼に≪天真庵≫さんからご縁をいただいた3名様。 

休憩中に遊びに来てくださった恩人さまたち。

夜に、お店を支えていただいた5名が御来店という流れでした。

皆様、本当にありがとうございました。

≪日曜庵≫さんからビンテージものの益子産を御祝いにいただき本日の夜の御客様用に二八で打ちました。

手挽きの荒挽きにしては会心の出来だったと思うほど打っていて気持ちがよかった。

できればお昼の3名様にも食べていただきたかった。

それができなかったから今日一番のくやしいことでもありました。


その時々での真剣勝負だと痛感。


あー やったるでー


それにしても仕込みの時間がなさ過ぎて昼営業少し変更したいきがしてきた。


アー 気合だけじゃタオレルー


カンバン・メニューノナイミセデオープンダー

イイノカオレー


  1. 2012/05/25(金) 00:19:13|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間の使い方がへた

今日一日料理の仕込みに時間を使うつもりだったのだが

店内の直しでほぼ終わった。

なので、今、夜中にこそこそ仕込んでいるゆえ、御隣様に音漏れがないか気になってしょうがない。


中野坂上周辺には、シマチュウ・オリンピック・トウキュウストアーなどのお店がほどよい距離にあるので

雑貨などをマラソンしておりますが、野菜や卵だけは悩んでおります。

今日も時間をみつけては、ネットウエーブしてあれこれ電話してみたが理想的な品物がなかなか手に入りそうにない。

よし、地元の九州野菜直売所に一度相談にいこっと。



今は、出汁をとりながら眠らないようにブログ書いております。


開店して少しの期間は≪SOBA ISBA いさと≫さん≪宮本製粉≫さんの

御好意でいただいた蕎麦粉を使わせていただきます。


ですが、一週間かからないほどで、多分、山形のお蕎麦にかわるかとおもいます。


蕎麦一枚のお値段は150gで850円と考えております。(まだ値段確定していないと思ってください・・・)


当店は、当日に挽いて打つ手挽き蕎麦です。

同じ産地で、普通の太さの二八と気持ち太めの十割の二種類を当分は打つ予定です。

一人営業なので、売り切れたら追い打ちというわけにはいかなそうなので宜しくお願い致します。


つゆは今まで働かせていただいたお店の作り方を参考にさせてもらいつつ

独自にカツオや昆布などの旨味をイメージしながらか濃口・薄口の返しの両方のパターンで試している段階です。

もう少し研究の必要性はあるので、その都度味が違うかもしれません。 


本当にハリボテですみません。


メニューもまだまだ数品しかお出しできそうにありません。


ハリボテです。


でも、自分のペースでやらないと焦って作った料理はやっぱりそういう味になりそうなので

自分のペースでやらせていただきます。

それが、自分のお店の醍醐味であるとは思ってますが。


  1. 2012/05/24(木) 03:06:30|
  2. 遊んで学んで~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっといきぬき

昨日は陶芸家の渡辺愛子さんが器をもって遊びに来てくださいました。

数日前のこと

親友⇒おいハリボテ、オマイそんな器でいいんかい? 料理の実力がないんだったらせめて豆腐用に
    一種類だけお気に入りの器置いた方がいいんじゃないのか!? え?
    世の中あまかぁねえぞォ!

ハリボテ⇒ハ、ハイ・・・。 ゴ、ゴモットモデス。 


そういう経緯があったとかなかったとか。

なので、個展が終わったばかりでお疲れなはずなの

愛子さんが我儘なハリボテのために来てくださいました。 感謝。

でも、御蔭さまで、豆腐の器にぴったりの小皿がありました。

嬉しいーーー。



本日は、時間のあるかぎり電話をしてしまった。 

DMを作らなかったことに凹


また明日も電話とメール攻撃だ。


あと、ノンアルコール用にと大手酒販店さんとお会いしました。

どこかで購入できないかなとおもっていた、キルホーマンとロンサカパもあるとのこと。

それに、絶対置くと決めていた芋焼酎も運よく正規の値段で購入できるとのことで本当に嬉しい。


あさっては般若さんが遊びに来てくださる。

お願いした物もその時にやってくる。


明日は明日で、いろいろ買い物にいかねばならない。


あー

仕込みの時間やばいな・・・。


ブログ書いている場合ではないよなぁ。
  1. 2012/05/22(火) 21:30:17|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じゅうしょなど



お店の住所  中野区本町2-41-2 

電話・Fax 03-6276-8364


丸の内線・大江戸線の中野坂上駅に着きましたら1番出口をでて

青梅街道を高円寺側に少し進みますと 

右側に松屋さん・オリンピックさん

左側にツタヤさん・ガソリンスタンドが見えるかと思います。


ガソリンスタンドを左に曲がるのもよいのですが、GSより少し先に進むと

ステーキ屋さんとコンビニがあります。

その路地を左に曲がり、少し進みますと銭湯が左側にあります。

更に進み、つきあたりを右に曲がり直ぐに左に曲がります。

そうしましたら、左手に24パーキングがあるかと思います。

パーキング付近で一度立ち止まり、右手をみていただくと

耳鼻科さんがあるかと思います。

見えましたらゴールはの先です。

その耳鼻科さん手前の路地を右に曲がってちょっと歩くと数軒先右側に木造建築の2階建てで

シャッターが1階にどーんと閉まっているか開いている建物があるはずです。

その建物が当店でございます。



サウンドノベル風 案内でした。

ぺこり



  1. 2012/05/22(火) 01:38:36|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

仮のはなし

開店を焦りだしてからあれこれと直したい、付け足したいことが多々でてきて
オープンがどんどん延びてしまいました。

でも、もう24日を仮オープンとして、それからがスタート。

定休日はしんぷるな理由で日曜日としました。


営業時間は、これまた仮なのですが 

≪月曜日~金曜日≫
午前 11時30分~13時30分 (早っ!)

午後 17時30分~21時頃まで(昼・夜ともにお蕎麦無くなり次第しゃったーがらがらがあるかもです)

≪土曜日≫

午前11時30分~15時くらいまでお蕎麦があるようでしたら16時くらいまでと考えております。

ですので、土曜日の夜営業はありませんので宜しくお願い致します。

屋号はブログと同じです。


漸く、開店できるのかと思うとわくわくとはらはらで胃が少し痛くなってきましたが

自分がお店をとおしてどのように表現できるのかどう表現するのか自分自身楽しみであります。


最後に1つだけつけたさせてください。


誤解のないように受け取っていただけたらと思いますが、

僕のお店は、時間が経過していくうちに、蕎麦屋さんらしい蕎麦屋で無くなる可能性もあります。


僕自身、蕎麦は昔と変わらず大好きですし、打っていて楽しい。

あくまでも僕自身が感じたうえでそう考えるようになったのだと思うのですが

震災後からは、手料理やさんという意識の方が強くなったのかもしれません。

なので、お客様の中には、手打ち蕎麦屋っぽくないと思われるようなことになるかもしれません。


蕎麦によって今の僕があり蕎麦がメニューから無くなることはまずありません。

ただ、蕎麦も料理の1つという認識が強くなったのでしょうか・・・。

他の飲食店さんからみれば、間違いなく蕎麦屋なのでしょうが。



もしかしたらカレーも、ソーセージもと、作りたいものを遠慮なく作ってメニューに増やしていくかもしれません。

そのうえで気にっていただけるようなお店にできたらと思います。



ら すとらあだ(ラ・ストラーダー La Strada) = イタリア語で ≪道≫ という意味です。


今まで両親のおかげで、自分の進みたい道を我がままに進ませていただいてきました。

これからは、自分で道を切り開けられるようになりたいですなぁ。


親に、今までに関わった全ての人に、感謝。


ハリボテ太郎



  1. 2012/05/21(月) 03:06:29|
  2. 感謝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ざっくりと店舗工事をば

 今週の日曜日に両親と妹夫婦を招待し、試食会となりました。

一品料理と手挽きの石臼で打った同じ産地の≪二八≫と≪十〇≫を食べて飲んでもらい

作業の流れをなんとなくではありますが経験でき、それなりには満足といきました。

あー 開店まで時間かけすぎているなぁ~

もっとすぴーでぃーにまろやかにいきたいもんだ。




大がかりな工事はあまりなかったのですが

壁を設けたり、水道を通したりといった作業はありました。


jorno40_convert_20120514032002.jpg



他は、設置する予定だった厨房機器などは私が発注し、工務店さんに最後に備え付けてもらう流れで

店舗としての大まかな箱はできました。


jorno41_convert_20120514032034.jpg


jorno42_convert_20120514032631.jpg


jorno43_convert_20120514032919.jpg


jorno44_convert_20120514033036.jpg



私だけしか動く人いないので最初はお店小さくてもいっかぁと思ってましたが

客席、予定よりちょいと狭いのでお客様には申し訳ないのです。

あと換気扇が思った以上に音が・・・。


どしよ。


などと、まだまだ店内で考えるところは多々あり、そっちばかりに時間を費やしている状況でして

肝心の料理の構想が出来ずじまい。

最初からあれこれ決めてしまうタイプではないので、浮かび上がった試作品から自分が好きな味つけなどが

安定したらちょこちょこ増やす感じにすることに。


なので、開店してしばらくは、お蕎麦も≪もり≫と≪かけ≫しかださないかもしれません。


豆腐もにがりを眠庵さんのときに使っていたのとは別のタイプのもので挑戦しているため

同じ大豆を使っていても違った食感だったり、豆腐が島豆腐ぽくなったり、おぼろ豆腐ぽかったりと

苦戦しておりましたが、三度目で漸くこのレベルだったらという段階になりました。


jorno45_convert_20120514033333.jpg


それでも、以前のような豆腐ではない・・・。

どうするオレ。



開店は、もうすぐにもと考えております。


とはいえ、まだまだ考えることは尽きず、時間ばかりが過ぎていくなぁ。
  1. 2012/05/14(月) 03:54:07|
  2. 遊んで学んで~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小旅行という名の仕事②

お店の準備に僕のキャパが超えてしまった今日この頃。

日記もずらっと書いてしまう。

あー もっとゆっくりじっくり書きたい。




3月某日。 

酒蔵巡りをしてきました。

京料理人のMさんと久しぶりにお会いし京都を一日中案内していただくことに。

蕎麦屋は『じん六』『かね井』さん

昼は京都の酒蔵が集まるイベントがあり試飲。

Mさんが御好意にされる骨董屋さんを紹介していただいたり

夜は神亀の専務さんに紹介していただいた『ごとし』さんで日本酒を飲みながら旬の料理を美味しくいただいた。


jorno28_convert_20120511215933.jpg



写真は≪もろこ≫

琵琶湖でしか獲れないみたいで初めて口にしたが美味しい!


jorno29_convert_20120511220028.jpg



まったりしたところで僕は一人京都のバーへ。


そして、さっと飲んだらダッシュでMさん宅にもどり猫に囲まれながら一夜をすごさせていただいた。

やはりネコのいる生活はいいですなぁ。

ありがとうございましたMさん!


前日の京都の酒蔵イベントで初めてお会いした久仁子さんの御厚意で
≪京の春≫さんの車に乗って向井酒造へゴー!!


jorno32_convert_20120511221010.jpg



伊根に到着したらさっそく蔵を見学させてもらい街を船と自転車で一周。


jorno30_convert_20120511220130.jpg

舟宿の街で有名なのは知っておりましたが、伊根の舟宿は観光としての将来性が約束されているかのような

希な街だと思った。

自分が老後に住むならここがいいなんて思ったりもした。


jorno31_convert_20120511220307.jpg



夜は、レンタカーで温泉に行き、晩御飯には

健太郎さん久仁子さんのお料理を京の春をぐびぐび飲みながら美味しくもぐもぐ。


最高の一夜が続き、3日目は、向井酒造の会長と御一緒に鳥取の≪諏訪酒造≫をめざす。

京都にくる前日、東京で諏訪泉の会があり、その場でずうずうしく蔵見学の予約をいれさせてもらったのだ。

伊根から鳥取に向かう途中の日本海側の景色は心を打つほどの絶景である。


jorno38_convert_20120511224400.jpg



が、夜、一人で雨降る中、車を運転する恐怖はにんともかんとも。

これも自分で走ってみないと感じられないこと。


jorno33_convert_20120511222124.jpg



途中、ハーパーさんのいる≪木下酒造≫にも寄ったり


jorno34_convert_20120511223247.jpg



初鳥取砂丘をあえてダッシュで往復したりと30代の修学旅行気分ではしゃいでしまった。


諏訪酒造に着いたのは夕方。


jorno35_convert_20120511223542.jpg



蔵を見学させていただいてから東田さん親子と会長様とで鳥取の素晴らしい居酒屋とBARにつれてってもらいました。

本当にありがとうございました!



jorno36_convert_20120511223750.jpg


4日目は、向井さんと御好意ある梅津酒造さんへ急きょ見学へ。

梅津さんの醸される日本酒と梅酒を御土産にいただいてしまった。

どうもありがとうございました!


あー  ぜいたくな蔵巡りである。


皆様との御縁つながりならではの蔵巡り。


jorno37_convert_20120511224813.jpg



最後も電光石火の如く≪奥播磨≫さんの蔵見学。


蕎麦打ち用の前掛けもゲット。


向井さんが御同行してくださったおかげで本当に充実した蔵巡りでした。


皆様に感謝!!

  1. 2012/05/11(金) 22:00:01|
  2. 遊んで学んで~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小旅行という名の仕事①の②

日記を書く余裕がなかった連日。

今日で工務店さんのお仕事が終わりました。

本当にありがとうございました。 

ここまでも考えて動くことの日々でしたが、最後の仕上げに向けて体にムチをうたねば。



前回の続き 2日目 名古屋


大阪から名古屋へとめまぐるしく動いた1日目。


jorno19_convert_20120425235649.jpg



2日目の午前はいつかは行くと決めていた『三岸節子記念美術館』へ

93歳の作品とは思えない生命の結晶がつまったかのような桜の絵がとても印象にのこりました。


愛知⇒長野

ここからまた移動の旅で般若さんの住まれている≪木曽福島≫にゴー

般若さんと久しぶりお会いしてすぐに、とうじ蕎麦発祥の店と伝えられている蕎麦屋で昼食つるつる。


jorno20_convert_20120425235812.jpg


食後は、日記でも紹介した般若さんの工房へ。


般若さんに塩尻まで送っていただき、電車で≪松本≫の大久保醤油屋さんに見学へ。


働き先で使われていた大久保醤油。

自分でも使わせていただくときがくるだなんてなんか不思議でもある。

大久保さんにはいろんな工程を丁寧に説明していただき、とても珍しい蓄音器などの
音色も聴かせていただき嬉しく楽しい一時でした。


jorno26_convert_20120426001658.jpg



その夜は松本で一泊。

 

3日目  松本⇒湯田中

この日は、お店でおかせていただく地ビールと日本酒の蔵の見学。


jorno21_convert_20120426000005.jpg



電車から見える雪景色に心やすまりますなぁ。


最初に訪れたのは志賀高原ビールもとい日本酒緑喜を造られている玉村本店さん。


jorno22_convert_20120426000122.jpg

 
お忙しい中、説明をしていただきありがとうございました。


jorno27_convert_20120426001924.jpg


ビール工房ならではの香りがふわっとたち面白かった。

志賀高原さんのビールを置かせてもらう理由としましては、しっかりとしたコク(ホップの香りなども)

が僕の好みでもあり、限定ビールも何種類もいただき何度も飲んできましたが

どれとってみてもやっぱり自分の好みなんだなって思ったからにつきます。


これからもどうぞよろしくお願いいたします。


湯田中⇒佐久



jorno23_convert_20120426000932.jpg



最後は日本酒の≪佐久の花≫さんへ見学。



jorno24_convert_20120426001220.jpg



これまたお忙しい中、高橋さんに丁寧に蔵の中を説明していただきました。


ぷくぷくと元気に泡がでておりました。

日本酒の蔵ならではの香りに酔いしれながら

佐久の花さんのお店へ行き、写真以外も含め今ある全種類の試飲を。


jorno25_convert_20120426001421.jpg


佐久の花さんの蔵の流れを教えてもらいながら試飲をさせてもらっているとあっという間に時は流れているわけでして

高橋さんどうもありがとうございました。



佐久⇒帰宅



お店でつかわせていただくお酒であり、調味料であり、家具であり、全ての造り手さんの顔が見たい

その作品が造られるその場所を見て感じたいという欲望こそが私の原動力ともいえます。


なので、突然訪問にもかかわらず丁寧にお話をさせていただいた皆様、本当に感謝。


皆様に感謝の気持ちをお客様にこめて。


あとは、自分の腕次第だ。 


ここが一番の問題点であるが


気合だ。

まる。

  1. 2012/05/03(木) 20:18:20|
  2. 遊んで学んで~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。