ら すとらあだ

自分のストレス解消ブログがお店用のブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金町→千住大橋→石神井公園→押上方面→あと3日寝れば日曜日

今月も時間があるときにもぐもぐ。
僕のストレス解消なので誰にも文句いわせないのだ。

なので地元の『立ち呑み居酒屋 金町製麺』さんからだ。


tabearu1_convert_20110331125445.jpg


3月限定メニューの <信州濃厚辛味噌らーめん> これがヤミツキになるお味。 

あぁ~次はいつたべられるのやら~
でも、4月はどんな限定メニューか楽しみです。



千住大橋の寿司屋『武寿司』さんへ


tabearu0_convert_20110331124313.jpg


この日は始めていただくホタルイカの巻もの。 
踊っているかのようですね。


tabearu01_convert_20110331124750.jpg


まだまだ知らない海の恵みをつまみながら
貴重な<鳳凰美田>をクイっといただく。

カウンターに一人で寿司を食べるたぁなんて10代の頃には想像すらしていなかったなぁ~



tabearu02_convert_20110331125031.jpg

〆は中トロの鉄火巻き。  


ありがたや~ありがたや~



先週の金曜日にお助けマンとして来てくれた静岡の蕎麦職人のS君と一緒に
石神井公園の蕎麦屋『菊谷』さんへ

なんとか移転前にこれてホッ。


tabearu2_convert_20110331125839.jpg


では、さっそく四季桜の黄ぶなで乾杯。

tabearu3_convert_20110331130150.jpg




お好み3品盛りがご主人のご厚意でよりとりみどりに!
うれしか~


tabearu4_convert_20110331130426.jpg



玉子焼きも

tabearu5_convert_20110331130924.jpg



海老天もアツアツのホックホクで美味い~

酒もするするのんでまう。


あかんあかん夜は飲酒蕎麦打ちになってまう。

tabearu6_convert_20110331131207.jpg


なので最後の一杯ください!(えっ!)
んで、でてきたのは、菊谷さんが開店されたときから眠っていた<木戸泉>
なにやら凄いお姿で・・・

あぁ~幸せ



tabearu7_convert_20110331131433.jpg

酔い冷ましに温かい<かけそば>をスルスル


tabearu8_convert_20110331131941.jpg



〆には、きき蕎麦をズルズル

あぁ~ 堪能した~ ごちそうさまでしたー!
菊谷さんも山越さんも新たな出発、がんばです。




今週すでに3日も伺っている押上のカレーや『スパイスカフェ』さんへ。

実は今度の日曜日も予約しているのだ。 
それはそれは楽しみなイベントでもあるのだが
ひとまずご主人もまたきたのかと笑っていた。


tabearu9_convert_20110331132316.jpg

こちらは日替わりカレーの<チキンクリームカレー>(だったはず)

しあわせが一杯つまったお店。
これからの店づくりにかかせないものがたくさんつまっている。

素晴らしいの一言。



最後は豆腐の名店『豆源郷』の油揚げを常連様といっしょにもぐもぐ。

tabearu10_convert_20110331132643.jpg

うまか!
スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) 13:55:13|
  2. 食ベテ飲ンデ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悩むだけ悩んだら~さぁーあ~る~け~

両親ですら経験したことのない天災・人災が僕の生きている時代に日本で起きた。


大地震に津波といった自然の猛威。


福島原発のような眼に見えないモノへの恐怖。


戦争のように生と死が隣り合わせのようなことはないが、何かに脅えて暮らす日が日本で起きるなんて思いもよらなかった。


もちろん地球レベルでみれば、何かと戦っている人は僕たちだけではない。


東京であろうが、福島や岩手でもあらゆる理由で離れることができなく生きていくしかない人もたくさんいるはず。


僕も眼に見えないモノと向き合って生きていく覚悟ができたわけではないが、東京から離れるわけにはいかない。


眼に見えないモノがもしかしたら水道水に紛れこんでいるのかと思うと、体によいとは胸を張って言えない


蕎麦をだしているのではないのかと自分の心が囁いているが


やはり、東京から離れることはできないし、僕も働かなければならない。 


複雑な想いだ。


でも、やっぱり立ち止まるわけにゃーいかんよね。


ハリボテ庵はあくまでも眠庵が眠っている間だけの幻のお店。


だからボスがどのような形であろうが復帰されればハリボテ庵のような


お客様へのお持て成しはできないし、あくまでもボスのサポートとして精一杯頑張るのみ。


僕の唯一の取り柄でもある元気を武器に残りすくない幻の蕎麦屋を楽しむことにしよう。


先週も、たくさんの方から元気をいただいた。


それに、エネルギーも補給してくれる皆様に感謝感謝です。



arigatou1_convert_20110328094136.jpg


火曜日にはSさんから貴重な発酵バターをいただき、朝、パンにぬりぬりしていただきました!
又、Sさんからは、谷中珈琲とラスクを!   おやつの時間にいただきやんした!

arigatou2_convert_20110328094618.jpg


水曜日は、ようやく3割打者に復帰されたTさんからは、美味しいどら焼きを!


arigatou3_convert_20110328100000.jpg


木曜日は、静岡からやってきた若手蕎麦職人のS君からいただいた『杉錦』
なんでも明治ごろの酵母で作られたとか。  美味し!


arigatou4_convert_20110328102714.jpg


金曜日は、そのS君が南保さんに代わり一日だけ応援にかけつけてくれました。
本当にありがとうございましたS君!


arigatou5_convert_20110328104406.jpg


土曜日は、予想を上回るほどお客様がきてくださり、蕎麦が途中でなくなってしまい
追い打ちを打つも、ドラゴンボールのように飛び散った蕎麦を嫌な顔をせず食べてくれた
Sさんの息子のSさんカップルさんからいただいた万世のサンドイッチぃー! 



これだけ元気をいただいたのだから来週もがんばらねばっつ!


らっしゃい!!!

  1. 2011/03/28(月) 10:50:43|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よっぱらうネコ

neko6_convert_20110303082610.jpg
  1. 2011/03/24(木) 11:23:31|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よろこぶ

先週の金曜日も自転車通勤でして、蔵前橋通りをしゃーしゃーとこいでいると
ココは小岩、時間的に余裕があることを確認し、久しぶりに蕎麦屋『蕪村居』さんに食べにいきました。


inage7_convert_20110319040525.jpg


蕪村居さんには、僕の大好きな純米酒が沢山あるのだが、ココは我慢してビールを注文。


inage6_convert_20110319035901.jpg

お通しも日本酒にあうものばかりで美味い! でも、我慢、我慢。 

 
inage8_convert_20110319041025.jpg

お蕎麦は十割の鴨せいろを注文。  ちょいと太打ちの蕎麦に鴨汁を絡めるとまことに美味し。

あぁ~ 鴨汁にもお燗が合いそうだなぁ~ でも、我慢我慢・・・


久しぶりにお会いした御主人と少しばかりでしたが、お話もできて楽しく美味しい一時をえられました。

御主人どうもごちそうさまでした!


さてさて、今週の火曜日は南保さんはお休みだったので
御客様の人数を制限させてもらい営業するかなと思ったやさき

ありがたいメールをいただいた。

違った風が流れることを好む僕はありがたくそのご厚意をうけとった。


というわけで、火曜日に一日限定の助っ人として『蕪村居』の御主人である
≪沼尻≫さんが来てくださいました。


前掛けは広島の大好きな日本酒≪竹鶴≫じゃありませんか!

いいなぁ~ 写真とらせてもらうのわすれたー


沼尻さんのご厚意のおかげで、お断りすることなく満員御礼となりました。


そして、さらに嬉しいことに、連絡がとれなかった仙台の蕎麦屋の≪たまき庵≫のたまきJrから
電話がかかってきた。

よかった。 本当によかった。 お店も無事だったらしく、土・日の営業でいまもお店をあけているそうで

こんなにも嬉しい報告はないですがな!



常連様にも、一見様にも、快く助っ人に来ていただいた沼尻さんにも感謝感謝。


皆様からいただいた≪やる気≫で水曜日も楽しむがな。


  1. 2011/03/23(水) 12:47:55|
  2. 新ハッケソ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

のんびりした休日

前回、冗談のつもりで寝坊したら皆様ゴメンナサイと書いてしまいましたが
、ものの見事に本気で寝坊しました。 

携帯のアラームをせっとしたはずなのに、鳴ったアラームを止めて再び眠ったのかすらわからなかったほど
スヤスヤしちゃいました・・・


前日に仕込みを7割ほどできていたおかげでなんとか蕎麦打ちのみ遅れただけでしたが
南保さん本当にスミマセヌ。


土曜日は、お昼だけの営業でしたが御蔭さまで忙しい一日でした。


大地震後の仕事や日々の生活の立て直しにストレスがたまっていると
何人かの常連様がポツリとお話をしてくださいました。


飲食店には、さまざまな職業のお客様がいらっしゃっていることかと思います。

仕事も嫌なこともいったんリセットしていただき、明日への活力を蓄えるお役になれているのであれば
僕たちとしては嬉しいことですし、逆に元気になって帰られるお客様をみて僕たちは明日への
エネルギーを生産できているのだとおもいます。


御来店の皆様、誠にありがとうございました。


土曜日の夜は、≪すきやき≫ 久しぶりのすきやき美味かった~


日曜日は、土曜日にできなかった仕込みをしに神田へ行き、夜は


押上が縁であらゆることにお世話になっているメンバーとの≪蟹鍋≫ 久しぶりの蟹鍋美味かった~



休日は、疲労のピークは過ぎたとはいえ大人しくしていた。
いつも家にいない私がここまで大人しくしている連休も珍しい。

どうも集中力が低下気味でモチベーションも低下気味。


あかーん。


恥ずかしながら、ハリボテ庵が始まってから(アクマデモイイワケデス)
部屋が散らかり放題であり、家計簿やイタリア語など完全に放置状態。


あかーん。


一度、放置してしまうと、取り返しのつかないことって多いですが
日常のバランスも少し崩すといずれ立て直しが難しくなりまんがな。


整理整頓を今週中には終えて、少しずつ家で料理を作れる余裕をもてるようがんばろっと。


さてさて今週はどんな一週間かなー



  
  1. 2011/03/22(火) 10:15:24|
  2. 食ベテ飲ンデ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ざっと一週間をふりカエル

先週の木曜日はひょうんなことから蕎麦屋の『志美津や』さんにて
『手打蕎麦 まるやま』さんや『手打蕎麦 ゆい』さんが御揃いになっていることを知った
ハリボテことおいらはすかさず丸山さんに℡をする。



ハリボテ「まるやまさん。 志美津やさんに、ゆいさん御夫妻と一緒にいますね!? 」

まるやまさん「な、何で知ってるの!」


ニヤーン



正解は、稲毛の蕎麦屋『そば処 利兵衛』さんの御主人が教えてくれたからなのです。

前日に、利兵衛さんがゆいさんのお店に食べに行かれたらしく、おいらたちも含め、蕎麦屋さんは蕎麦屋にぐるぐるとめぐりめぐるわけですな。


この日の本当の目的は(?)ボスの実家にお見舞いに行く予定でした。

inage1_convert_20110319034714.jpg

南保さん「まぁまぁどうぞどうぞ」

利兵衛さん「あ、すいませんね」

(どっちが御主人と御客さまなんだ!?)


inage2_convert_20110319034914.jpg


ハリボテ「利兵衛さんおいら、楽しいっす!」

利兵衛さん「飲もう飲もう」

が、利兵衛さんとの楽しい一時であっというまに16時!

時計をみてどっきーーーーん

確か、うちら12時には入店したはずだが・・・。


ココはドコ ココはイナゲ


ボスはキットゲンキダ ミセモドロ


利兵衛さん本当に御馳走さまでした!



そんな楽しい次の日が巨大地震の日だった。

ぐちゃぐちゃな一週間が経った。



その間に、ほぼ毎日、常連様に支えていただきました。

土曜日はガスを使うのが危険と判断し、営業もどうしようかなと思ったのですが
常連様だけでも7名様もいらっしゃってくださり、一緒になって日本酒を飲んだり


inage5_convert_20110319035700.jpg


火曜日も


inage4_convert_20110319035255.jpg


水曜日も差し入れ、美味しくいただきました。


厨房とカウンターだけ灯りをつけての山小屋風営業で毒舌大会やら

5割打者のTさんが2割打者になったりとか

大停電が起きるかもしれない日には、おいらが知らないかもしれないと心配してくれて電話をしてくださったり
御客様がきっとこないから蕎麦があまると思ったらしく食べに来てくれた高遠さんありがとう。


はたまた予約の電話で無理にでも夜の
五〇〇〇円のコースやってよどうしてもやってよと言われたので丁重にお断りしたら


???「私です市川の『SOBA ISBAいさと』ですよ  こういう時でも冗談を笑えるようじゃないとね」

ハリボテ「げっふぉん」


と、粋な江戸っ子ジョークで大地震の緊張をほぐしてくれた千葉の父。




そしてなりよりも、この非常事態が続く毎日なのに伊勢原から手伝いに来てくださっている南保さん。


ありがとうございます。




もう皆様には本当に感謝感謝の一週間でした。



土曜日の御昼の営業もどうなるのか楽しみだぁ~

吉良君おいらの新しい蕎麦打ち見てくれやい


御客様と一緒においらたちも楽しむぞー


寝坊したら皆様ゴメンナサイ

てなわけで、おやしみなさいー
  1. 2011/03/19(土) 04:46:53|
  2. 遊んで学んで~
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ボォ~

先週からの風邪・ニュース見続けて寝不足・寝違え・自転車通勤
 ホーシャノウ・停電の可能性・余震の可能性などを考えると頭ふらふら身体だるだる。

ちょっとテンションが下がり気味。


コホンコホン。

どうも咽が炎症ぎみで無駄に咳がでる。

コホンコホン。


喜怒哀楽が続いた一週間でござい。


さてさて元気だけがとりえなわたしぁ、この2日間それなりに体力を温存できたので

体に良いものを食べに行って今週末ものりきるかな。


疲れた時は素直に休み、身体が動くようになったら少しずつ動く。

これ私の持論でもありますが、それができたらもっと楽なんだけど。


まぁ、今は、私にはそういう時では無かったということで、さぁて今日も立ち上がってがんばりまひょ。

  1. 2011/03/18(金) 11:57:44|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神秘の誕生なネコ


  1. 2011/03/16(水) 00:29:16|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心で泣いて顔は笑うだぜよ

ある映画監督が自然を癒しの対象にしている人が増えていることに警鐘を鳴らしていたことを思い出す。
自然は人間の思い通りにならない膨大なエネルギーをまとって襲いかかってくる。



3・11 

綾瀬駅で電車が丁度停止している時に1回目の地震となった。
駅の構造からしてこのまま倒れる可能性もあると覚悟した。

何故みな電車の中で待てるのかが理解できなかった。

でも、大声で逃げろと言えないで冷静に様子をうかがう自分もいた。


2回目の大きな地震もあったそうですが、歩いていたときだったのだろうか。

亀有の恩師が無事だったこと確認して金町から自転車に乗って神田に向かいました。

行きは、国道4号線、帰りは国道6号線。


気がつけばいつの間にか左右の歩道を歩く人達の髪の毛が、巨大な黒い蛇が動いているかのように永遠と続いていた。

その様子で電車が完全ストップしていて歩いて帰る人であふれているんだと思った。

あんな光景は生まれて初めてみた。


眠庵では、たまたまお店にもどられていた柳澤さんとお母様に数名の方たちと待機していた。

建物の外、中ともにまったく被害がなかったようだ。

僕は次に、両親が働いている大手町の地下鉄に行ってみたが、テープがはられていて中に立ち入り禁止になっていた。

係員に説明し、ホームに降りるがまわりは誰ひとりとしていない。

両親はバスでうまく帰れたのかなと思い、秋葉原の隠れ家に顔をだしてから帰宅した。


帰宅したのは、22時頃。

留守電に両親からのメッセージがはいっていた。

どうやら会社からの命令で、洪水が起きる可能性があるということで全員、竹橋の朝日ビルに待機させられたようだ。

その後、北千住まで電車でもどり、小学校で泊まろうとするも寒さで転々と移動して次の日、仕事に戻ったそうだ。

携帯がほぼ使えない状況の中、メールやネットが使えたおかげで身近な人達の安否が確認できた。

これが回線も全部駄目になるような状況だと東京にいる人たちはよりパニックに陥るのだろう。


明け方までテレビをみていた。

こんなことが日本で起きているの?


そうつぶやいていた。




土曜日



僕がお店を任されている以上、判断はこちらでさせてもらいました。

本当は当面の間休業したいが、自分の店でないこの状況に複雑な思いだ。

ひとまず、常連様がいらっしゃることだけはわかっていたので

それいがいの御客様は全てお断りするつもりでいた。

お店で万が一事故、もしくはそれ以上のことがあってはならないと思い

蕎麦釜とガスは使わないようにおもち帰りの蕎麦を用意して、おつまみと日本酒を常連様と僕をいれた7名でいただいた。

僕がお店にいるだろうからということで差し入れをもってきてくださったS親子様はじめ皆様と話をして僕も心が少し落ち着くことができました。

ありがとうございます。



お店を15時頃には閉め、本来、土曜日に御予約いただいていた方の無事な姿を確認して帰宅した。


両親もようやく帰宅でき、妹も僕も一安心した。


被災地のことを考えれば僕らの疲労などありがたみを感じなければならない。


兎に角、まだ私たちは試練がまちうけていることだけは確かだ。


そのためには、僕らが少しでも笑い、話し合い、手をとりあって、立ち上がらなければいけない。


日本人は立ち上がる力をどの国よりも持ち合わせている民族だと思う。


まずは我々から発信していかねば。 だっ!

  1. 2011/03/15(火) 10:49:55|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おひかえなすっていなネコ

neko9_convert_20110303084919.jpg
  1. 2011/03/15(火) 00:57:58|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地震

綾瀬駅で運転する直前、揺れた

次第にやばいと思うほど電車と駅が揺れた。

脳裏に焼きついたのは阪神大震災の駅の倒壊のことだった


歩いて亀有のやざ和の旦那さんに向かった。

旦那さんと奥様が外でラジオを聞いていた。

怪我もなくご無事でよかった


まだまだ揺れている


少し躊躇したが、自転車で神田に向かうことにした。

両親のことも心配だから大手町によってから店に行き

今日は営業中止を伝えて帰る予定だ。

明日は営業する予定だが、まだまだ地震が落ち着くとはかぎらない

建物が古い分、慎重に判断せねば。


宮城県のことが気がかりでしょうがない。


どうかぶじであってくれ




  1. 2011/03/11(金) 16:37:59|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

僕の尊敬する蕎麦職人

火曜日は常連客様のSさんにKTGさん、大阪から帰って来られた

音楽家の渡辺佳代子さんとそのお友達の音楽家さん、御予約の御客様がらっしゃい!


蕎麦打ちをしていると、常連様のO川さんがわざわざ電話で黒森庵の加東さんからの

メッセージを伝えていただいたり、KTGさんが愛してやまないツブヤイターから

yukaさんからのメッセージを教えていただいたりと

皆様、いろいろとごっつあんです!


んでも、今の僕は頑張っているつもりな状態でして
もっと真剣という言葉が使えるように自分を追い込みたいなぁ。


まだまだ本気だせてない 俺ー もっともっと楽しめー 俺ー



渡辺佳代子さんに僕の関西の友である蕎麦屋さん『蔦谷』さんを紹介した。

御主人とお話を沢山されたようで、俺が眠庵で働いていることを初めて知ったらしくたいそう驚いていたそうだ。

喪中のハガキを昨年末にださない我が家に問題があったわけで、いろいろとご報告遅れてすみませんです・・・


関西の友である蔦谷さん御夫妻は人から動物から植物からと
全ての生きているものから祝福されているといってもよい。


僕はこの二人の生き方や人間性を愛してやまない。


蔦谷さんと知り合った同じ頃にもう一人、尊敬する蕎麦職人と出会った。

その蕎麦職人とは蔦谷さんと同じ修業先である『凡愚』さんがご縁でお会いした。

彼の名は≪吉良大輔≫君


僕と同い年で、瞳のきらきらした輝きも印象強かったが、ほんわかとして太い心をもったあんちゃんでもあった。

あるイベントで僕は竹やぶの阿部さんの運転手として、吉良君は凡愚さんの片腕として出会った。

宴会場で席が一緒になり、吉良君とは将来の目標について語りあった。



東と西にそれぞれのスタイルの蕎麦屋を開業できたらいいねって言っていたんだっけかな。

同い年で同じような目標をもった人にであえたことがどれだけ嬉しかったことか。



関西に行くことがあると、僕は必ず凡愚に行き、真野さん御夫妻や吉良君に会い、刺激を沢山いただいた。


このときに、たまたま避暑地から戻られた蔦谷さん御夫妻とも凡愚で
初めてお会いしました。


しばらくして僕は、竹やぶでの忙しい日々が始まり次第と余裕が無くなり、吉良君たちとも連絡をとれずにいた。


その年の冬に発売された某雑誌で、竹やぶの阿部さん・凡愚の真野さん・ほそ川の旦那さんの対談が掲載され、楽しみにしていた僕はあるところまで読んで全身鳥肌がたってしまった。


凡愚で働いていた 誰かが 亡くなったという文字をみたとたん視界がグニャっと歪んだ。


イミガワカラナイヨ ダレノコトダヨ マノサンナニイッテンダヨ


まさか吉良君のこと?


なわけないない。



すぐに吉良君の携帯番号にかけるも 「 現在使われておりません 」 のメッセージがしか聴こえない。


予感がはずれててくれと思った僕は、そのときにどういう行動をとったのか記憶があやふやだが、
多分、蔦谷さんに電話して初めて吉良君が亡くなったことを知った気がする。


それから、奥様のふーちゃんと電話させてもらったんだったかな。

吉良君には、ふーちゃんとの間に元気な男の子が生まれており、自分の蕎麦屋の開店の準備に追われていて
まさにこれから花を咲かせようとしているその頃に、癌が彼を蝕んでいることが判明した。




駄目だ、彼を思い出しながらこのブログを書いているとずっと
天井とにらめっこのままだ。


なんでだろうなぁ。

悔しかっただろなぁ。


ふーちゃんから聞いた吉良君の生きる執念は誰にも真似のできないものだった。

吉良君は病なんかには屈することなく最後まで吉良大輔であった。



今日、ふーちゃんと久しぶりに電話をした。


吉良君の息子が顔も仕草もおやじそっくりになってきたそうだ。


20年後くらいに息子がおとうちゃんの成し遂げられなかった夢を引き継ぐようであれば
嬉しいなぁとも思うが、それはまだ気が早いし、野暮ってもんですね。


ブログに名前をだして書くのもどうかと思ったが、吉良大輔という蕎麦職人が同じ時代にいたことを

知ってもらいたいから ふーちゃんにも了解を得た。


僕が吉良君のことを忘れることがないかぎり吉良君の物語も僕の中でまだまだ続いているのだ。


何を言っているんだと思われるかもしれないが、僕の横でじっと腕を組んで
ニヤッと笑っている吉良君がいるつもりで蕎麦を打っている時がある。


いや、間違えた。


います。


見えないだけで僕だけに感じる吉良君が確かにいる。



蕎麦が縁で吉良大輔という人間に出会い、そこから、ふーちゃんや蔦谷御夫妻とも特別な絆が僕の中にできた。

それだけに大阪の御客様を喜ばせている蔦谷夫妻のお話を渡辺佳代子さんから聴けたときは本当に嬉しかった。

吉良君の物語も蔦谷さんの物語も遅咲きながら僕の物語もまだまだこれからだ。


また大阪に行って、みんなと語り合いたいな。



それまでに僕もみんなにも成長できたことを少しでもつたえられるようでないと。


吉良君、明日は群馬の蕎麦打たせてもらうんだ。



僕の蕎麦打ち

失敗したら笑ってやっておくれい。


  1. 2011/03/11(金) 01:40:52|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

れっすん4

昼は元気だったのにいつの間に菌がひそんでいたんですかいな
それとも、免疫力が下がっていたのか!?

兎に角、馬鹿は風邪をひいてしまった。

げふん。

眼や咽が痒いし腫れるしもう身体がガクガクぷるぷる。

なのでれっすん4は

風呂にはいってひたすら寝る。だっ!
  1. 2011/03/10(木) 00:00:11|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時がきた BYハシモト

土日は、のんびりお酒でいやされまっしょい。

吾妻橋の酒屋『ニシザワ』さんで購入した京都の「京の春」と綿屋さんのボンボンショコラをいただいた。

osiage1_convert_20110309093731.jpg


ぶひぃ~ 美味いねぇ~

寒いときにはお燗がくいくい進んじゃいますね。

日置桜や独楽蔵もお燗してぐびぐび。

幸せ~


土曜日の常連様との話の流れで経堂の蕎麦屋さん「しらかめ」さんに行くと発言した

おいらは、日曜日に行く気満々で電車に乗ったのですが、その瞬間

押上の青いサンタさんこと「天真庵」さんの御主人からの電話がリンリン。 



御主人「例の物件なんだけど、不動産屋が間に入ってくれて大家さんも貸してもよいという
    話になったよ、今のそちらのお店の状況も伝えてあるので一度うかがってみるといいよ」

おいら「!!!!」


ということもあり、TOさんには申し訳ないが、しらかめさん行きを中止して実家にもどり

押上に行く準備していると留守電にその不動産屋が日曜日が休みだったと天真庵の御主人が

すかさず教えて下さったので伺うのは月曜日に変更。

逸る気持ちを抑えて、しらかめさんへ再び~


おいら「もしもし、私、おいらですが TOさんいらっしゃってますか?
    あ、いますかぁ。 では、逃げないように見張っててください」



ちょっとラストオーダーを過ぎてしまったが、経堂へいくべし!



osiage2_convert_20110309094019.jpg





TOさんと「白亀」を飲みあい




osiage3_convert_20110309094240.jpg




肴をがぶり。


osiage4_convert_20110309094601.jpg



美味いぃ~


このひとときのための一週間なのだよね。


はぁ~ 幸せ。




美味しいものにはコメントはいらんです。


osiage5_convert_20110309094900.jpg


鴨が柔らかくうまま!

御蕎麦もつーるつる。


と、御主人の御好意で本日は二種盛りだ!

osiage6_convert_20110309095626.jpg


美味し!
(最後が福井でしたっけ?  酔っ払いですみません) 

休日の蕎麦屋はやっぱりいいですね。

しらかめのご主人、どうも御馳走様でした。

TOさん、またお会いしまっしょ!


夕方は押上の天真庵さんに伺い、物件のお話を。



月曜日




osiage7_convert_20110309100056.jpg


新しい一週間を迎えるためのリセットする儀式といっては大げさかもしれないが
再度、天真庵さんの月曜日の朝8時から10時までの限定メニュー

「たまごかけごはん」を食べておいらの今週の物語がはじまる。
にしても、雪すごかね~

靴がぬれまくりですがな。


朝ごはんをしっかりといただき、不動産屋へ行き、物件の大家さんとお会いすることになった。

中は初めてみさせてもらうのでドキドキ。



ほほ~


一階だけでも相当な広さだ。


でも、建物がいたんでいるようでかなりの個所の修理が必要。

不動産屋は借りないほうがよいかもとアドバイスしてくれましたが
おいらや天真庵さんの御主人はいいかもめと思ったりもする。

osiage8_convert_20110309100327.jpg





あらためて大工さんと伺うことにして今回は大まかな話をさせていただきました。


あー どうなるか楽しみだぁー

ご縁があるのかないのかワクワク



さぁ、今週もはりきっていきまっしょい!


  1. 2011/03/09(水) 10:38:16|
  2. 食ベテ飲ンデ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔の自分ってやつは


僕の大好きなネコちゃんがお星様になるための旅にでていってしまった。

今頃は、天真庵の元気ちゃんや私が飼っていたネコに出会えているだろうか。




ネコちゃんの写真をご主人に贈りたいとおもい保存しているフォルダをくまなく確認していたら
あんなこともあったなこんなこともあったな

と、過去のちっぽけな歴史とご対面。


正直、過去の写真を見るのは苦手なのだ。


もしも、一人前ってやつになれたとき、はじめて過去をふりかえってみたい。
が、今回は話は別だ。


kaigai1_convert_20110308043324.jpg
 
これはポルトガルとスペインの国境近くのBARだったな。 
オジサンの視線がまぶしかったぜよ。



kaigai2_convert_20110308043413.jpg


スペインのセビリアのBARのあんちゃんと日本の話しで盛り上がったなぁ~





kaigai_convert_20110308043243.jpg


イタリアのヴェネチアのBARで知り合ったイタリア風の野比のび太とフランチェスカ。
今、どのように過ごされているんだろう。


えーい あれもこれもなつかしな~


それにしても海外にいる私って本気で人生楽しんでるなぁ・・・

いやいや今の私だって毎日をそれなりに楽しんでいるはずなのだが

そこはやっぱり生活の時間ではなく旅のじかんだからだろう。


そうそうイタリアのローマ近くにある怪獣公園に行きたくて
日曜日に最寄駅に降りたらバスが定休日でタクシーが一台もいないような街だった。

意地でも行きたくて10キロの道のりを歩いたんだったなぁ

その最初の地点で、道が二手にわかれていたので
第一村人さんに道を尋ねたら

村人さん「だったら少しこれにのっていくかい?」

私「まじっすか! のるのる!」


kaigai4_convert_20110308042131.jpg


人の歩くスピードよりも遅いトラクターがブォン~ ブォン~
雄たけびをあげながら怪獣公園に向かう道をのんびりと進む。

ブォン~



kaigai5_convert_20110308042355.jpg


たった10分の短い旅だったが面白かったなぁ~


kaigai6_convert_20110308042602.jpg


あとは、≪らすとらあだ≫をひたすら歩く。




kaigai7_convert_20110308043045.jpg


ただ歩くだけだったのにあの充実感は春の季節に吹くさわやかな風のような
心地のよい記憶としてよみがえってくる。

kaigai8_convert_20110308043202.jpg


イタリアにはユーモアと愛が満ち溢れている。

日本でもこの感覚だけは忘れたくない。

そう思える一日を自分の力で切り開いていきたい。




7年前の私よ、一言いっておくが


今の俺も飲んだくれで、腹黒いヤツって呼ばれるようになるぜよ

  1. 2011/03/08(火) 12:06:23|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜日夜ふらふら~

先週の金曜日・土曜日は当店の大黒柱が大活躍。

HARI4_convert_20110306122328.jpg


どうでぃ~? このまばゆいボデェ~は。

しびれるねぇ~


たった2日で2升ぶん注文なんてのは当たり前!

一度飲んだらヤミツキまちがいないねぇ。

SさんとかSさんとか、一人で五合はクイクイ飲んじまうんだから

安倍川がエースならトクホンは絶対王者だよ。

土曜日なんか、彼飲みたさにジャンケンゲームが開催されるほどのモテぶり!

よかったら皆様飲んでみてください。 

一合たったの530円。

どうでぃ~?





土曜日の営業後は、お店から上野駅まで歩き、ちょこちょこと寄り道をしました。

前から気になっていた御徒町近辺の高架下にできた空間。

なかなかよいではないですか。



HARI6_convert_20110306122835.jpg


谷中コーフィーさんにて一休み一休み。


HARI5_convert_20110306122532.jpg



ホロヨイ気分で帰宅し
録画していたNHKの岡本太郎さんのドラマをあまり期待せずに
みていたが、予想以上に面白かった。 反省。


HARI8_convert_20110306214143.jpg


お店的にはまずまずの忙しさだったし

たまにはのんびり歩くのもわるくはないですね。

ちょっと衝動買いもしちゃったりと充実した土曜日だ。


えっ?



何を買ったのかって?





んー  






男のロマンかな。


















HARI7_convert_20110306213544.jpg


 

最近自分が何をしたいんのかわかりません。

衝動買いもきっと疲れていたせいなんだ。

ダレカ私をイヤシテください。



  1. 2011/03/08(火) 04:00:27|
  2. 新ハッケソ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボス一時帰還 金曜日と土曜日

金曜日

ボスが久しぶりにお店に帰還した。

鎖骨がまだまだ痛むようで動くたびに辛そうでした。


が、ボスママは言う

「大げさに痛がりすぎよ」


我思う、ママという存在はいつまでたっても超えられない山であると。


来週からの新しい産地などの確認や、お店の雑務をこなし、着替えを運んで自宅へと帰られた。


身体は一生もんです。

今、無理をしたらあかん。

こちらは、お店の灯りを消さないようにがんばりますので
ちょっと過激な神様の御褒美だと思って今回は完全に完治されるまで休んでくださいボス。




さて、金曜日は御予約で満席。

仕込みと蕎麦打ちが間に合わず、南保さんが一人大奮闘されていた。

私一人だったら到底無理な話だが、南保さんがいてくれたことによりなんとかお店が成り立っている。

本当に感謝。


火曜日の常連様のSさんの息子さんのSさんと彼女様がらっしゃい!

いつも温かく眠庵を見守ってくださる御二人様。

段取りの悪いハリボテを知ってか、土曜日を避けて金曜日に予約していただいた配慮に感謝。


そのSさんの息子さんのSさんが囁く。

「お店のっとっちゃわないの?」


ドキーン


Sさんの息子さんのSさんが注文するとき

「ハリボテさん~ 」

と、正式名でお呼びになる。 


ハリボテ庵を運営することになってから、少しずつ私の裏の顔が知られていく。

実に困った。

せっかく陰の存在で働き、何事もなかったかの存在で卒業しようと思っていたのに、今じゃ
ハリボテさんってそんな人だったんですかと皆様に言われてしまう。

なんとかいい人を演じてきたのだが、腹黒い奴ということがばれてしまった。

ここらでイメージアップにつながる何かを考えねば。


HARI1_convert_20110306115802.jpg


営業終了後に、御二人様からいただいたスイートポテトを美味しくいただきました。

ありがとうございますらっしゃい!




土曜日


HARI2_convert_20110306121253.jpg



南保さんがお休みで、オタスケマンのたっつあんと二人で開店だー

たっつあんに花番さんとなってもらい、こちとら厨房に専念だぜよ。

御予約の土曜日専属のSさんがらっしゃい!

そのあとに続き、TOさん、Kさんがらっしゃい!


土曜日のSさんが言う。

Sさん「実は昨日しらかめの御主人からハリボテさんへの伝言もらいました」

TOさん「ぽく明日、しらかめさん行くんです」

ハリボテ「じゃ、明日僕もしらかめさんに食べに行きます」

と、偶然にも常連様が経堂の蕎麦屋さん『しらかめ』さんの話題で繋がった。


しらかめ様メッセージありがっつです!



15時頃には店内に残るは眠庵御三家のみ。

本日は、わけあって、栃木産・宮城産・福井産の三種類

さぁ~さぁ~ 食べるよろしい!

HARI3_convert_20110306121840.jpg




皆さんいい食べっぷりぜよ!

蕎麦を食べていただいたあとに私とたっつあんも自腹でお酒を皆さんといっしょにいただいた。


ジャンケンゲームも楽しんだりとほのぼのとした営業となった。


お店側の我々も御客様もどちらも楽しい一時を過ごせるたぁ嬉しい。


ボス不在の中、常連の御客様や、ふといらした一見様、皆様に少しでも楽しんで帰っていただけたのだろうかと
不安になってしまうこともありますが、やれることはまだまだあると思うので精進あるのみ。

今週も腹黒いハリボテ庵に食べに来ていただき誠にありがとうございました。


来週は一人営業が数日あり、どれだけ大変なのか今から楽しみー

がんばるぜよー
  1. 2011/03/06(日) 12:47:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ハリボテ庵 最初の試練

火曜日、帰宅後に水曜日の昼に断水になることを聞かされたのに
すでに夢の世界に飛び込もうとしている僕の脳にはインプットされなかった。

なので次の日、誰かが洗い終わるのを見計らったかのように
シャワーでシャンプーをほぼ洗い流したところで水が止まった。

あぶなかつた。

髪を洗っている途中で断水になっていたら
ペットボトルのお水を温めて洗い流していたのだろうか。


兎に角、今日は運がよいみたいだ。



仕事前に水元公園へ寄ってみた。


hari1_convert_20110304084957.jpg



ちみたち何してるのかい?


hari2_convert_20110304090047.jpg



お食事中かぁ~


よし、おじさんがなでなでしてあげましょう。





hari3_convert_20110304090459.jpg




・・・。 
さぁ、仕事の時間だ・・・・。




水曜日のお蕎麦は栃木産と宮城産。

栃木産は二つの打ち方でお蕎麦を打ったので、計3種類。

蕎麦打ちの最中、電話がリンリン。

南保さんから予約の知らせが届いた。

南保さん「タカトゥーさんが19時30分に御予約はいりました」

ハリボテ「タカトゥー? !!!  mammamia!! 高遠さんかぁ…」

≪ハリボテ庵が開店して以来のピンチだ。 がくがくぷるぷる≫

眠庵のお蕎麦を僕以上に把握しているだけに、こりゃぁ最初の試練だ。 がくがくぷるぷる

高遠さんに駄目だしされれば、本当にハリボテ王国の王様だぜよ・・・


蕎麦業界では彼女を知らない人はいないと言っても過言ではない。
全国の蕎麦屋さんをかけめぐる高遠さんのHPはこちらです。

http://ayakotakato.seesaa.net/
 


時間は流れ


本日は、御予約1組様でしたが、ほぼ満席となりました。 らっしゃい! 

お蕎麦も人数分あり、追い打ちしなくてすみそうだぞー


さぁさぁ、あとは高遠さんが蕎麦を食べ終わったあとに審判がくだされるのみだ。



Buonappetito!


hari5_convert_20110304091640.jpg



あまり動じない僕のプラスチックなハートがドキドキしている。

栃木産の二種類とも美味しいとおっしゃってくださいました。


hari4_convert_20110304091159.jpg




宮城産に関しては、特徴がうまくひきだせていたとのこと!


Grazie!!!

ひとまず眠庵の暖簾をさげずに済みそうだ。 ホッ。



高遠さんがどうやらボス(柳澤宙)にメールを送っていたみたいだった。

伝言が来た。

『近々、お店に伺える日が近そうで楽しみです』と。

ってお客としてかいなー!




僕も早くお客側として眠庵に行きたいのに
ボスあんたって人は・・・ そりゃないっすよ・・・。

最終試練もどうやらそう遠くないようです。


皆さま、本日も御来店誠にありがとうございました!



hari6_convert_20110304101002.jpg



高遠さん、どら焼き御馳走様でした!




金曜日は、御予約ですでに満席。

さぁー どら焼きをいただきながら仕込みだ仕込みだー


らっしゃい!


  1. 2011/03/04(金) 10:14:14|
  2. 新ハッケソ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サーファーふうなネコ

neko5_convert_20110303082116.jpg
  1. 2011/03/04(金) 08:45:16|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火曜日と水曜日のハリボテ庵

今年の花粉は例年の5倍だとニュースで知っていたが
鼻がむずむず、咽や眼がかゆかゆ。

肌荒れした指で眼をこするから痛いやら痒いやら・・・

もう好きにしておくれ。


火曜日・水曜日の営業はありがたいことにほぼ満席でした。



火曜日のハリボテ庵にはかかせないものがありましたので紹介しちゃいます。


bittaku1_convert_20110303081312.jpg



どどーん!

彼は頑張った。

お客様を楽しませるだけではなく実力も◎

1合 580円だぜよ。 どぅ~でい?

燗にしたって彼は負けないよ~
凄いお酒でしょう。


たった2日で1升以上も注文がありましたよ。

いまやうちのエースだ。


彼が大活躍だったのにひきかえ、ハリボテはボッタクリ庵に屋号を変えたほうがいいんではないかと
思えるような商売をしてしまったが(注:ここは、あくまでも眠庵です)なのだ。


(火曜日のカウンターネタですみません)


テーブル席には、僕が尊敬する音楽家の御夫婦がらっしゃい!

眠庵の主人がお休みしてからは音楽がかけられなかったのですが
月曜日からCDが使えるようになり、眠庵に音が甦った。

これは、僕自身にとってもありがたいことだった。


bottaku3_convert_20110303091827.jpg


御夫妻にお薦めのクラッシックを教えてもらい、今日もお店には音があふれている。



水曜日は御予約が1組様。


この日も打率5割のTさんがふらっとやってきて
前回同様「店のっとっちゃえよ!」と、恒例のトークからはじまったが

数分後に伊豆稲取の蕎麦屋さんから電話があり
伊豆稲取様「そのまま店のっとっちゃいなよ」とドンピシャのジョークが飛んだ!


ハリボテ「今、ここに同じこと言うお客様がいます」

Tさん「大丈夫、俺がついているから」

ハリボテ≪いやいや、その台詞、不安要素ありまくりですよTさん≫


と、いつものハリボテ劇場でしたがこの日は電話がリンリン三昧。

あれよ~これよ~とお客様がらっしゃい!
だったので蕎麦の量を少なめにしたのが運のつき。


そのときのお店の状況と、いらしたお客様がお待ちいただけるようであれば追い打ちをさせていただきます。
と、心に誓ったわけですが、結構、待っていただけるお客様が多くて、追い打ちが2回。

腕が疲労しはじめているが負けへんで~!


その間、厨房・ホールともに南保さんが一人になってしまうので申し訳ないが
お客様に喜んでもらにゃ~いかんのでお互いに、がんばるしかないですね。

もはや通常営業となんらかわらない水曜日でした。


御来店まことにありがとうございます!



bottaku_convert_20110303081526.jpg



火曜日の常連様のSさんからいただいた、美味しいパンをもぐもぐしながら一休み。 

感謝です らっしゃい!

  1. 2011/03/03(木) 09:37:21|
  2. 新ハッケソ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月曜日は並木藪蕎麦さんから

月曜日。

さぁー 今日もはりきっていきまっしょい。


今日は、並木藪蕎麦さんの最終日。

namiki1_convert_20110302090225.jpg



「並木藪蕎麦」は、かんだやぶそばの主人堀田七兵衛の三男である
堀田勝三(1887年(明治20年)-1956年(昭和31年)3月18日)が、1913年(大正2年)に浅草雷門前に創業。

と、書かれていた。 なるほど。


namiki2_convert_20110302090535.jpg



この風情ある建物がなくなるのは実に寂しい。

namiki3_convert_20110302091659.jpg


でも、どのように生まれ変わるのかも楽しみではある。

余談ではあるが、たっつあんと待ち合わせをしていた私。

家でバタバタしていたら遅刻確定だったので北千住で乗りかえるときに
たまたまやってきた特急に飛び乗ってしまった。

ローカル線でも5~7分しか違わないのに+500円でちょっとした小旅行気分だ。

う~ん  やるな私。(最近の暮らしぶりが破滅的に思えてならない)


namiki4_convert_20110302092107.jpg



厨房も熱気むんむん。

こっちも食べる気まんまん。

まずはえびいもを肴にして菊正宗の樽酒を冷酒と燗を一本ずつ頼んでぐびぐび。


namiki5_convert_20110302092443.jpg



くぅ~ 昼酒はたまんねぇ~ (お前、今日仕込み多めだって解ってて飲んでるんだよね?)


ハリボテ「えっと、ざるそば・おかめそば・鴨南蛮をお願いします。」


namiki6_convert_20110302092817.jpg


と、注文してすぐに蕎麦軍団がやってくる。

namiki7_convert_20110302093210.jpg



厨房もベテランさんたちが5人はいただろうか。
そりゃ早いわけだ。


namiki8_convert_20110302093630.jpg

〆は天抜きだ! 美味いねぇ~ しみじみ。

こっちも粋な食べ方してさっさとけーるぜよ。(注:写真とっておいて粋なわきゃーない)

どうも御馳走様でした。

また一つの物語が終わり、新たな始まりが浅草から生まれる。

並木藪様、ひとまずお疲れ様でした。 ぺこり。



せっかくの浅草だ。

namiki9_convert_20110302094129.jpg



もう一軒いこうということになり、吾妻橋を渡って久しぶりに『さかなや梅』さんで塩まぐろ定食をいただく。


namiki10_convert_20110302094359.jpg



美味く完食。でもお腹はぱんぱん。

ふぅ~

さてと、ここまできたら酒屋の『ニシザワ』さんによってこよっと。

ハリボテ『今日はこれとこれください。』


日曜日にでもゆっくり味わいますかな。



よし、仕込みだ仕込みだ。


たっつぁんと別れ、お店到着。


今日から栃木産と宮城産の二刀流だ~

打ち方、別でだす予定なので、日によっては3種類~4種類でお出しする場合もありまっす。


namiki11_convert_20110302094824.jpg



さぁさぁ、今日からよろしくなのです宮城産。


今日も常連様がらっしゃい!

柳澤さんのお見舞いの帰りにお店に寄ってくださった石神井公園の蕎麦屋のご主人『菊谷』さんもらっしゃい!

テーブルは御予約のお客様だらっしゃい!



本日のお店の流れは川の流れのようにはいかなかった。

テーブル席のお客様とカウンターには見えない結界があるかのように
静かにトークバトルがカウンターで始まっていた。

打率五割打者のTさん・いつもニコニコ顔のKTGさん・菊谷さんVSハリボテ (半分嘘で半分真実で構成しております)


namiki12_convert_20110302095025.jpg




手強い、みんなできあがってるぜよ… 

Tさんお店にくるまでに3合飲んできたといっただけのことはあるぜよ!



戦闘力5万のTさん「店のっとっちゃえよ!」 

戦闘力4千のハリボテ「まだその時じゃないっすよ!」


まてまて、これ以上は過激になるから書くのやめよう。

とまぁ、いつものようにワイワイしてしまったが、Tさんが言う。

「最初、柳澤さんがでてくるまでお店行くのやめておこうかと思ったけど、あんたの打つ蕎麦、本当に美味いよ」

泣かせるじゃねぇですかいTさん。

常連様にそういっていただけて嬉しいです。

菊谷さんからも美味しいですよと言っていただけてホッ。

KTGさんはずっとニッコニコ。


今日も一日ありがとうございました!


らっしゃい。

  1. 2011/03/02(水) 11:01:14|
  2. 新ハッケソ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ 

臨時営業の告知

しばらくのあいだは

≪定休日≫        日曜日・祝日

≪営業時間≫      月曜日~金曜日  夜のみ 17時30分~

               土曜日        昼のみ 12時00分~ 

と、なりました。


今週からは、栃木産と宮城産の又、他の産地のお蕎麦をご用意できそうです。
どうぞよろしくお願いいたします。


では、みなさま今日も素晴らしい一日でありますように。

                                                                                
                
                             ハリボテ直人

  1. 2011/03/01(火) 12:07:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田端にいる青い眼のネコ

neko3.jpg
  1. 2011/03/01(火) 10:07:45|
  2. 動物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今必要なのは充電なり

体力にはそこそこ自信があり、あまり動じることも無く常にマイペースな
僕でも眠庵の運営を全部まかされた重圧が身体の疲労から感じとれる。

その疲れをほぐす方法があるとすれば、あえて倒れる勢いで働く。

そして、美味しいものを食べ、刺激をうける。

この二つが今の僕にあった治療法かもしれない。

なので、ちょっとした隙間的な時間をみつけて
久しぶりに先週の火曜日から日曜日の間に行動開始!


火曜日。 秋葉原の隠れ家でもある『Sara & 鯛介』でランチのラーメンをいただく。

生姜の旨味が凝縮された醤油ラーメンが美味すぎた。
美味しいものを作ることに一切の妥協をしない

賢次郎さんも、変化があったようで奮闘していた。
がんばれ Sara & 鯛介!


水曜日、ナナケンさんから教えていただいていた、『けむり 神田店 スモークバーベキュー』
のランチメニューの仙台牛カレーをもぐもぐ。

お肉もめっちゃ柔らかく美味しかったぁ~
ブログで拝見していた田村正和似というのも納得。


木曜日、記憶が無い。

金曜日、一カ月ぶりに千住大橋『武寿司』さんと『流石はなれ』をハシゴ。

yasumi_convert_20110228082838.jpg


今回は貝類がずばぬけて美味しかった。 

yasumi1_convert_20110228083053.jpg



黒北奇の長万部産。 少し炙っていただく。 美味い!!!


yasumi2_convert_20110228083310.jpg



これからが旬となる鳥貝。 美味い!!

yasumi8_convert_20110228085433.jpg



巻物はカラスミ巻きでぃ!

貝類がやや苦手だったが本来はこんなにも美味しかったのかぁ。 
勉強になりました。

yasumi3_convert_20110228083521.jpg




開店されてから挨拶はいったものの、お客としては初めて。
矢守さんと五十嵐さんのゴールデンコンビのお持て成しは
力みなどまったくみられず、みているこちらもゆったりまったり。

お料理にもお蕎麦にもそれが表れていた。

美味し!!



土曜日、夜、たっつあんが昼は眠庵、夜は、西麻布の『き』にて働くこともあって
応援がてら『き』に南保さんと一緒にうかがう。

(偶然、蕎麦界のイチローさんもいらっしゃったので御挨拶)


たっつあんのお薦めする肴を注文。


yasumi4_convert_20110228083723.jpg


納豆ムースの柚子胡椒ゼリー和え


yasumi5_convert_20110228083923.jpg


ちょっと変わった海老しんじょうをなどなど

刺激うけるぞいぞい。



19時30分頃に南保さんと別れ、昨年の
大晦日に年越しライブの案山子スタッフとして訪れた西麻布の『葡呑』さんへ。

yasumi6_convert_20110228084415.jpg



ナポリから一時帰国されていた方が臨時スタッフで働かれていて、楽しい会話ができた。
その時に、一人で飲まれていた女性を紹介されたが、某有名イタリアンの厨房で頑張っている方だった。

最近の女性は逞しいというか僕よりも芯がしっかりとされてて負けちゃなんねぇだぁ。

イタリア旅行にいく楽しみと縁ができたことに感謝。

yasumi7_convert_20110228084915.jpg



最寄駅に着き、〆にラーメンが食べたくなったので『金町製麺』にて塩ラーメンをつーるつる。

ちゃんぽんしすぎて完全に二日酔いだぁ。

yasumi9_convert_20110228090023.jpg



日曜日、国立博物館で「平山郁夫展」を観て

yasumi10_convert_20110228091128.jpg


綺麗ぜよー


yasumi11_convert_20110228091519.jpg



昼食に上野『精養軒』のカレーライスとハヤシライスをもぐもぐ。

王道のメニューだが、どこか懐かしい味つけに癒された。



その日の15時から竹細工の会。




包丁で竹を割るので指をきらないようにと思えば思うほどビビる私。

yasumi19_convert_20110301012906.jpg


竹の後はもんじゃで〆るぜよー


さすがに懐がさびしくなったぜよ・・・


皆さんー 御馳走様でした!
沢山の刺激ありがとうございました。


今週もハリボテ劇場がはじまるだー
  1. 2011/03/01(火) 01:47:47|
  2. 食ベテ飲ンデ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。