ら すとらあだ

自分のストレス解消ブログがお店用のブログに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蕎麦屋 岩手県平泉 『二束の草鞋 地水庵』

10年前、祖父さんの家を車で目指したときに
偶然発見し入店した地水庵さん。

当時は出前の蕎麦屋や手打ち蕎麦屋などの
蕎麦業界にはまったく無縁の生活だったので地方にいけば
どの蕎麦屋も美味いものなんだろうと勝手に決めつけていました。

祖父さんの導きで10年ぶりに再び行ってきました。

10年前の感動は今も変わらず美味しいお蕎麦をいただくことができました。

今思えば、手打ち蕎麦屋に初めて感動し興味をいだくきっかけを作ってくれた
蕎麦屋に違いありません。

祖父さん感謝です。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/25(金) 13:52:54|
  2. 食ベテ飲ンデ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠庵初日なり

ながーいお休みは漸く終わり
今日から眠庵での仕事が始まる。

お世話になります!
  1. 2010/06/23(水) 14:04:34|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お疲れ様でした祖父さん

今月、母方の祖父さんが101歳で大往生しました。

最後に祖父さんに会ったのは10年前になる。
もう10年も会えていなかったのかと思えるほど時間は着々と進むものだ。

自宅で葬式をするとのことで、準備に少しでも役にたてればと思い
私も1週間ほど手伝いに行ってきました。


家の中は大晦日をむかえるかのような大掃除となり
庭や畑ではびっしりと生えた雑草を親戚のみんなで
抜いたりとやることはいくらでもあった。

そして、山奥の村ということもあって
映画『おくりびと』で見たような独特の葬式なので
村の人達もお墓までお連れする際に必要な道具作りをされていた。

葬式の段取りも東京とは違い、自宅で葬式される家が多いためか火葬も2日遅い。

数日後、私の親も含め子供たち全員が集まり最後のお別れとなったが
年齢が年齢だけに悲しさよりもお疲れ様という気持ちが強いようだった。


80歳の長男をはじめ兄弟7名欠けることなく親をみおくれる
家族も珍しいものですと坊さんはおっしゃったが
確かにそうかもしれない。


本当に母方の兄弟は元気だし話好きだ…
案外、話すことは長生きの秘訣なのかもしれない。
そのためか従兄たちはみな大人しいのではあるが。


数日間、親の兄弟たちの輪に交じり昔話をだまって聞いていた。
伯父やうちの母ちゃんのマシンガントークに耐えながらも
自分のルーツの話も聞けたのは有難かった。

よく考えてみたら、親がどのように育ってきたのかとか
自分の親戚すら把握できていないことが沢山ある。

祖父さんがあたえてくれた親戚・伯父・伯母との輪はもしかしたら
全員そろって会えるのはこれが最後かもしれない。

青森から東京までの乗車時間は短くなっているが
やはり気軽にいける場所ではないだけに
親もどこかでそう思っているようだった。

祖父さん本当に長いあいだお疲れ様でした。
また10年とは言わずにもっと早く顔を見せに行きますね。

そういえば父方の祖父さん祖母さんの墓参りも疎かにしてましたな…

ほんと駄目な孫ですな。
久しぶりに顔みせにいかねば。
  1. 2010/06/23(水) 02:18:10|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。